保険のご利用について

保険診療と自費診療について

整骨院(柔道整復師)にかかる時、健康保険が使える場合使えない場合のあります。

保険適用が可能な場合

  • 打撲(打ち身)
  • 捻挫(くじる・ひねる)
  • 挫傷(肉離れなど)
  • 骨折・不全骨折・脱臼(応急手当を除き、医師の同意が必要です)
  • 骨・筋肉・関節のケガや痛みで、負傷原因がはっきりしているとき

【主な負傷例】

  • 階段を降りるときに足首を捻った。
  • 加齢に伴い手指、膝の関節が変形したり、背中が曲がるなどして、わずかな動作で関節・筋肉などを痛めた。

自費診療の場合(自己負担であれば施術できます)

  • 日常生活での疲れや肩こり
  • スポーツによる筋肉疲労
  • 病気(神経痛・関節炎・五十肩・ヘルニアなど)からくる痛みやこり
  • 脳疾患後遺症などの慢性病や症状の改善がみられない長期施術
  • 病院・診療所などで同じ負傷等の治療中のもの
  • 単なるマッサージ代わりの利用等
  • 往診の必要性がないにもかかわらず施術所以外(老人施設・介護施設など)で施術を受けた場合

*往診は、腰部捻挫などで歩行ができない場合以外は、認められません。
柔道整復師とよくご相談してください。


負傷原因を正確に伝えて下さい。
外傷性の負傷でない場合や、労働災害・通勤災害に該当する場合は健康保険が使えません。
療養費支給申請書の委任欄への署名(捺印)は自分でしましょう。
① 自己負担額 ② 受診回数 ③ 負傷名・負傷原因 ③ 施術内容 を確認して、療養費支給申請書の「委任欄」に自分で署名または捺印しましょう。
領収書をもらいましょう。
健康保険組合から発行される医療費通知や受診照会等の書面と、内容を照らしあわせしましょう。また、領収書は確定申告の際に所得税の控除の対象となります。大切に保管しましょう。
Copyright© 2015 Toyooka Osteopathy All Rights Reserved.